株式会社プラン・ドゥ

PLENDY 三鷹

PLENDY Series
09
ポテンシャルを引き出した、店舗・共同住宅マンション

PLENDY 三鷹

元々、外部への貸し出しを前提としていない小型の店舗・共同住宅マンション。1階から6階までの動線を確保し、「どこをどう貸せるか」という逆算思考で、建物価値を最大限に収益化しました。全空室の物件はフルリノベーションを経た後、ポテンシャルがまるで火を噴くかの如く即満室となりました。

「即満室のあの瞬間を今でも忘れられません。」
PLENDY三鷹は、弊社のPLENDYシリーズの中でも、レアケースにあたるものでした。元々は呉服屋さんを営まれているご親族が、どの階にも自由に行き来できるような造りとしていた、外部への貸し出しを前提としていない1棟マンションでした。
  • 全社・有識者の知恵を結集し、PLENDYとして蘇生
    プラン・ドゥ担当者:
    入社して間もない頃の私であったからこそ、可能性を信じて全社・有識者の知恵を結集し、PLENDYとして蘇生させることができた物件です。謂わばPLAN DOの知恵と想いが詰まった集大成の物件です。
  • PLAN DOにしかできないという自負。
    プラン・ドゥ担当者:
    登記簿上の建物用途の変更・隣地との境界確定・インフラ関係の管理上工面等、そして全空室。まさしくプロでなければ出来ない物件でした。上記の障壁はありましたが、立地は中央線三鷹駅。全空室の物件はフルリノベーションを経た後、その眠っていたポテンシャルがまるで火を噴くかの如く即満室となりました。あの瞬間を今でも忘れられません。
  • 収益マンションとしての再起を見据えた「逆算思考」
    プラン・ドゥ担当者:
    他物件とは違い、PLENDY三鷹は1階から6階までの動線を確保することから始まりました。その上で、「どこをどう貸せるか」という逆算思考で、建物価値を最大限に収益化することができました。
  • 全空室の物件はフルリノベーション
    リノベーション業者:
    DINKSへのアプローチに照準を置き、入居者様に長く住んで頂ける最新設備でのフルリノベーションを実現致しました。また、3階のお部屋が前衛的な間取りになっていることも、我々PLAN DOの挑戦、そして入居者様への新たなご提案です。
PAGE TOP